お電話でのお問い合わせ

095-825-9378

月~日、祝日、祝前日:11:00~23:00

MENU CLOSE
                   

トルコライス発祥のルーツ

         

「トルコ風ライス」を考案した当店シェフの父親





bistroボルドーオリジナル「トルコ風ライス」

プロローグ


60数年前、当店シェフの父親が神戸の「シルバーダラ」という将校クラブに勤めていた頃、冷ご飯を焼き飯にして出すのに、 外国人の手前、トルコ国の「ピラウ」(炊き込みサフランピラフ)に似せた料理「トルコ風ライス」を考案しました。

考案当初、ワインにサフランを入れて色付けしていましたが、サフラン臭いと言うことでターメリックで色付けしました。
ただし、今度は粉くさいと言われ、カレー粉で色付したら美味しいとの事。
次におかずが欲しいとの事でスパゲティーととんかつを添えて出したそうです。

トルコ国の「ピラウ」に似せて考案された料理「トルコ風ライス」こそがトルコライスの原型で、 発祥のルーツとなっています。



初のメニュー化へ


昭和33年に長崎へ。しばらくして、レストラン「丸善」の松原チーフと親しくなりました。
松原チーフが入院中、当店シェフの父がヘルプチーフとして勤務した際に、レストラン丸善の経営者から「何か面白い料理は無いか」と聴かれて 「トルコ風ライス」を教えたことが、長崎で広まるきっかけとなります。

松原チーフが退院後、「トルコ風ライス」が初めてレストラン「丸善」のメニューに載ることとなります。
その時にドライカレーとスパゲティーが半分づつになり、とんかつが一枚載せられ、カクテルソースとデミグラスソースか掛けられました。



そして今


当店シェフの父が考案した「トルコ風ライス」は独自の調理方法で、bistroボルドーオリジナルにアレンジして提供しております。 長崎の一つの名産品として全国のお客様に長崎へ来ていただけるように、多種多様トルコライスも考案しております。

当店シェフの父の思いと歴史が詰まった「トルコ風ライス」是非一度ご賞味ください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


                     
       
language