ワインにはおいしく飲むための温度があることはよく知られています。
ondokei2

一般に白は冷やして、赤はあまり冷やさずに飲んだ方がよいといわれますが、これはすべてのワインに当てはまるものではありません。 例えば軽いタイプの赤ワインは、少し冷やした方がより飲みやすくなる場合があるように、それぞれのワインの味の特長によって飲み頃の温度が 変わってきます。普通、スパークリングワインは4~8℃、甘口の白ワインは4~8℃、極甘口の白ワインは4~6℃、辛口の白ワインやロゼは6~10℃、軽口の赤ワインは10~13℃、重口の赤ワインは18℃前後ぐらいが飲み頃といわれています。

また、「赤ワインは室温がよい」とよく聞きますが、それはヨーロッパにおける石造りの家での常温18℃前後を指していますので、日本の暑い夏には少し冷やしてお飲みになることをおすすめいたします。