カベルネ・ソーヴィニヨン種

赤ワイン用ぶどうとしてはピノ・ノワールと双璧といわれ、 特にフランス・ボルドー地方・メドック地区の指定品種として有名。芳香な香り、渋みと酸味のバランスのとれた重厚な味わいのワインがつくられます。

メルロー種

フランス・ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方の指定品種としてよく知られています。
香り高く、キレのよい辛口ワインが生まれます。また熟成タイプのワインもつくられます。

ピノ・ノワール種

フランス・ブルゴーニュ地方で最も多く栽培されている代表的赤ワイン用ぶどう品種。シャンパーニュ地方でも多く見かけられコクのあるシャンパンがつくられています。香りのすばらしいしっかりとした口当たりのワインとなります。

ガメィ種

軽いタイプのワインが生まれることで知られるぶどう品種。ガメィ種でつくられる典型的なワインとしては、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレーがあげられます。明るいルビー色で渋みの少ないフレッシュでフルーティな味を楽しめます。

シラー種

コート・デュ・ローヌ地方の赤ワイン用ぶどう品種としてよく知られ、オーストラリアではシラーズと呼ばれています。コクのある重口のワインとなります。

カベルネ・フラン種

主としてフランス・ボルドー地方のメドックやグラーヴ地区及びロワール地方で使われています。色鮮やかなワインとなります。

グロロー種

ロワール一帯で栽培される品種で、収穫量の非常に多い黒ぶどうです。ガメィ種と一緒にブレンドされるロゼ・ダンジュの主要ぶどう品種であり、またいくつかのスパークリングワインの原料ともなっています。

グルナッシュ種

南フランスやスペインで広く栽培されていますが、主としてロゼワイン用として使われています。果実味豊かなワインとなります。

カリニャン種

フランスで栽培されているぶどう品種です。口当たりさわやかな飲みやすいワインができます。

サンソー種

フランス南部で栽培されている大量生産型のぶどう品種。

ポルトギーザー種

オーストリア・ドナウ川流域が原産といわれる黒ぶどうです。ドイツ・ライン川流域のファルツやラインヘッセンではポルトギーザーを用いて、爽快な口当たりの赤とロゼワインがつくられています。

サンジョベーゼ種

主な栽培地域はイタリア中部で、キャンティワインにも使用されています。飲みやすいフルーティなワインがつくられます。

ネッビオーロ種

イアリアの黒ぶどうでは最高品種。みごとな果実の香りとコクをもつ、すばらしいワインを生みます。

バルベーラ種

イタリアのピエモンテ州で栽培されているぶどう品種です。果実味の豊かな酸味を含んだワインになります。

ブルネッロ種

イタリア・トスカーナ地方で多く栽培されているぶどう品種です。重厚で良質な赤ワインとなります。

コルビーナ・ベロネーゼ種

イタリアベネト州に位置するヴァルポリチェラとバルドリーノ地区でもっとも多く栽培されている地区最良の品種。大半は比較的軽めのフルーティな赤ワインをつくります。クルイーナとも呼ばれ、乾燥させたものはアマローネなどのワインにも用いられ、高い評価を得ています。

ピエディロス種

イタリアのイヒスキア島とカプリ島を中心とするカンパーニャ州特産の希少な品種です。1980年代に栽培面積が半減、1990年には1000ha程度の畑しか残っていませ。

アリアーニコ種

ギリシャ原産のぶどう品種で火山灰性の土壌を好みます。現在はイタリア南部のカンパーニャ州を中心に栽培されています。赤ワインにも白ワインにも用いられています。

ソイヤシノゾ種

イタリア南部のカンパーニャを中心とした地域で多く栽培されます。殆どの場合、ブレンド用に補助品種として使用されます。

ネロ・ダボラ種

イタリア本土のカラーブリア地方原産の品種。シチリア島で産する最良の赤ワイン用ぶどうのひとつです。優れた芳香を持ち、樽熟成に適したワインを生み出します。

ブラケット種

ブールブーラン、クレレット、モーザック、オンダンクなどフランス南西部一帯で栽培されている幾つかの白ワイン用品種を総称して、この名で呼ぶことがあります。

ランブルスコ種

イタリア中部のエミリア・ロマーニャ州で栽培される品種で、古代から多収穫のぶどうとして知られています。発泡性の、軽やかでフルーティな赤ワインがつくられます。

テンプラニーリョ種

スペイン・リオハの代表的な赤ワイン用ぶどう品種。軽い口当たりのフルーティなワインがつくられます。

ボバル種

スペインのレバンテ地方で多く栽培されています。色素豊かなぶどう品種で、良質のロゼワインになります。

モナストレル種

スペインのレバンテ地方を中心に主要品種として栽培されているぶどう品種です。甘味が強く色の濃い、アルコール度の高いワインになります。

アギオルギティコ種

ギリシャ固有のぶどう品種で、ネメア地域で栽培されています。果実味に富んだ香り豊かなワインになります。

クシノマブロ種

ギリシャ北部で広く栽培されているぶどう品種。色合いもよく、高いレベルの酸を有します。若いうちは荒々しい感じを受けますが、年とともによく熟成します。

マルベック種(コー)

ボルドー地方やアルゼンチンで多く栽培されています。バランスのよい、芳香で力強いワインになります。

ピノタージュ種

ピノ・ノワール種とサンソー種を交配させた、南アフリカで開発されたぶどう品種です。濃厚な果実味とスパイシーな風味のワインとなります。

ジンファンデル種

ヨーロッパ原産で現在はカリフォルニアでよく使用されている黒ぶどうです。ブラッシュワインと呼ばれる軽くフルーティなロゼワインからコクのある赤ワインまで、多様なタイプがつくられます。