ソーヴィニヨン・ブラン種

フランス・ロワール地方やボルドー地方、またオーストラリアでよく知られています。
きわだった香りを持つ辛口のワインとなります。

セミヨン種

フランス・ボルドー地方の主要ぶどう品種のひとつ。
一般的には優雅な香りをもつ繊細でドライな味わいのワインとなりますが、例外的にソーテルヌ地区では貴腐を生じさせ極甘口ワインをつくり出しています。

シャルドネ種

フランス・ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方の指定品種としてよく知られています。
香り高く、キレのよい辛口ワインが生まれます。また熟成タイプのワインもつくられます。

シュナン・ブラン種

フランス・ロワール地方をはじめ広く各地で栽培されている品種。
フレッシュでフルーティな香りと酸味のきいたさわやかのワインとなります。

ムスカデ種

フランス・ロワール地方のナント地区で栽培されています。
軽口でさわやかな口当たりの辛口ワインとなります。

アリゴテ種

ブルゴーニュに古くからあるぶどう品種。
ドライで軽く、生き生きとした酸味のワインとなります。

マルサンヌ種

フランスのコート・デュ・ローヌ地方で多く栽培されています。

クレレット種

南フランスで多く栽培されているぶどう品種で、アルコール度が高い、コクのあるワインとなります。

ヴィオニエ種

南フランスコート・デュ・ローヌの指定品種。
華やかでアロマティックな香りに、まろやかでふくらみある個性的な風味のワインを生み出します。赤ワインの香りを高めるためブレンドされることもしばしばあります。

リースリング種

ドイツで最も有名なぶどう品種です。
モーゼル及びラインガウで多く栽培され良質のワインがつくられています。
すばらしい芳香と深みのある繊細な味わいのワインとなります。なお、オーストラリアではライン・リースリングと呼ばれています。

シルバーナー種

ドイツで古くから栽培されているぶどう品種。
ラインヘッセンやフランケンで多く見かけられます。リースリング種よりも早熟。フルーティでやわらかな口当たりのワインが生まれます。

ミュラー・トゥルガウ種

ドイツで多く栽培されているぶどう品種。
スイスのミュラー教授の手によるリースリングとシルバーナーの交配種と言われてきましたが、現在ではリースリングとグートエーデルの交配種と言う説が有力です。甘い果実のような香りをもつ、やわらかな味わいのワインとなります。

ケルナー種

主にドイツで栽培されている新しい品種(ドイツにおける第4品種)。
酸味のきいたフルーティなワインとなります。

エルプリング種

北ドイツでローマ時代から親しまれている品種です。
石灰岩が多く、リースリングが成熟しにくいモーゼル・ザール・ルーヴァーの上流域で栽培され、殆どはゼクト(発泡性ワイン)用に使われます。

ベルナッチャ種

イタリア中部及び南部を中心に栽培されているぶどう品種。
酸味のきいた力強いワインになります。

トレッビアーノ種

イタリアで多く栽培されているぶどう品種です。
土地により品質が少し異なるため、それぞれの地域でトレッビアーノ・トスカーノ、トレッビアーノ・ディ・ソアベなどと呼び名も違っています。フランスではユニ・ブラン、サンテミリオンと呼ばれています。

プロセッコ種

ベネト州特産の品種です。ほどよいコクをもつ、フルーティな香りのワインになります。

ガルガネーガ種

イタリア・ベネトを中心に古くから栽培されているぶどう品種。
このぶどうからつくられるワインとしてソアベが有名です。

コルテーゼ種

イタリア・ピエモンテの代表的白ワイン用ぶどう品種。
コクのある良質ワインになります。

ピノ・グリージョ種

イタリア・ベネト、フリウーリ等限られた地域のぶどう品種。
ドライな風味のワインになります。

ベルデッキオ種

イタリア一円で広く栽培されている品種で、マルケ州を代表する白ワイン、ベルデッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イェージの主要ぶどう品種です。
果実の上品な香り、レモンのような酸味をもち、後味に適度なほろ苦さが残ります。

モスカート・ビアンコ種

古代から馴染みのあるぶどうで、幅広い用途に使われます。
イタリアでは4番目に多く栽培されている品種で、フランスではミュスカと呼ばれます。このぶどうを原料としたさわやかで軽い発泡性のモスカート・ダスティは最も有名なワインの一つです。

キャプトレーネ種

イタリア南部のカンパーニャ州などで栽培されている品種です。
果実味に富んだフルーティな味わいのワインを生み出します。

ベルメンティーノ種

イタリアのサルデーニャ島を中心に栽培されている品種です。
磯っぽいさわやかな酸味を感じるようなワインを生み出します。

グリケット種

イタリア中部で栽培されています。
特にウンブリア州ではオルビエートやトルジャーノなどの白ワインに用いられ、ウッディな香りのする、しっかりとした味わいを生み出します。通常は他の品種とブレンドして用います。

ビウラ種

スペイン・リオハの代表的白ワイン用ぶどう品種。
酸味豊かなドライなワインになります。

ビラナ種

ギリシャ固有のぶどう品種で、クレタ島で栽培されています。
古代ミノア文明以来栽培され、酸味を多く含みさわやかな味わいのワインとなります。

マスカット・オブ・アレキサンドリア種

数あるマスカット種の中でも特に良質のぶどう品種として有名。
華やかな香りをもつまろやかなワインとなります。

甲州種

日本で古くから栽培されている欧州系のぶどうです。
現在では、日本を代表すろ白ワイン用ぶどう品種といわれています。フルーティな香りがする酸味のおだやかなやさしい口当りのワインがつくられます。